2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台詞

格好いい台詞って重要ですよね。
物語の中で、そのキャラクターの存在感を表すのに一番大切だと思います。
歴史大河物だと、最高の盛り上がりの一つが、格好いい台詞によって彩られているシーンなんじゃないかって思います。

中学生の頃に読んだ銀英伝とか、てんこ盛りでした。
あまりクサイ台詞だと、興ざめしてしまう所なんですが、物語によっては、思い切った方が好いってのもあります。
元々、時代劇とか好きなので、登場シーンでの前口上とか大好きです。
そういうのを敢えて詰めまくった今川監督のジャイアントロボとか大好物です。
曹操が陳琳の才を愛したように、演出は重要です。
とはいえ、作品にあっていなければ、やっぱり不似合いだったり、粗製乱造でお腹一杯になってしまうので難しいです。
ガイナックスの作品なんかは、その辺がとても上手で、いつもこういうの観たかったって熱い作品を作って呉れています。

さて、自分で作品を作るときも、やっぱりその辺はとっても意識しました。
とはいえ、易々と出来る訳もなく、なかなか難しいです。
そんな訳で、というかどんな訳か分かりませんが、『カールスラント短篇集』のフォン・ボニンの台詞で、実は他の作品の影響を受けたというか、インスパイアされたというか、そのままじゃないかっていう部分があります。

お気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、映画『突入せよ』で役所広司さん扮する佐々淳行氏の台詞にそっくりな部分があるのです。
自分でも、書き終えて編集する段になって気がついたんですが、こりゃそのまんまだなって所です。
気がついたときには、とっても恥ずかしかったのですが、まあ仕方がないかって諦めました。
だって、格好いいんだもん。
これも自分の中で培った格好良さなんだということにしました。
いえ、時間がなかったとかではなくて、ですね……
愛羅承魂です。
いや、誰も倒してはいませんが。
むしろ倒されっぱなしです。
いえ、ただ自分の表現力の無さから、今まで影響を受けたものを真似してしまっただけのような気もします。
よくよく見直したら、他にも沢山ありそうでコワイです。
剣呑、剣呑。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monokakitsuratsura.blog.fc2.com/tb.php/62-0014e102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

双頭の鷲作戦 «  | BLOG TOP |  » 未収録

プロフィール

おおぬき

Author:おおぬき
ストライクウィッチーズ大好きです。
エーリカは天使です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
お絵かき (0)
小話 (5)
日記 (38)
その他 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。