2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インタビュー

今回は『カールスラント短篇集』を執筆された土方圭章さんに来て頂きました。

――こんにちは。
土方「こんにちは」
――今回の本は如何でしたか?
土方「初めてだったので、四苦八苦しましたが、とても楽しかったです」
――さて、今日は土方さんについて色々お伺いしようと思います。
土方「はい」
――まずは、土方さん、お祖母様もウィッチとのことですね。
土方「はい、扶桑皇国欧州派遣軍の一員でした」
――今もお元気だと伺いましたが?
土方「とても元気です。今でも教え子が引きを切らさず祖母を訪ねてきます。時にはかつての戦友の方もいらっしゃっているようです」
――流石ですね。そういえば、お祖父様も同じく軍人だったとのことですね。
土方「はい。祖父も軍人でした。祖母と共に欧州での戦いに参加されていたそうです」
――土方さんのお名前にも、そのお祖父様のお名前があるそうですね。
土方「そうですね、一時拝領しました。圭章の圭は祖父から受け継ぎました」
――お名前は、お祖母様が命名されたんですよね。
土方「はい。私の名前は祖母が尊敬する二人の方から頂戴したと伺っております」
――ほう、そうなんですか。お祖父様と、後は?
土方「祖母の先生に当たる方から一時頂きました」
――なるほど。でも、お祖母様の期待はプレッシャーに感じませんでしたか?
土方「祖母は色々と礼儀に厳しい人ですが、生き方については私の自由にしてくれています。私の名前は、よしあき、と発音するんですが、敢えて頂戴したお二方と読み方が違うんです。つまり、中身というか、その辺は私らしくして欲しい、との思いがあるんだ、と父から教えられました」
――そうでしたか。では、少し話題を変えて、カールスラントについて、伺いたいのですが、よろしいですか?
土方「はい」

というところで、今回はお仕舞いです。次回はカールスラントについて色々と伺おうと思います。

● COMMENT ●

次が楽しみ♪

どうも、祭り男です。
今回は対話形式のインタビューということですね。
ついつい、下まですらすらと読みました。気づいたら、最後の行で、「えー。次回かー。」ってなっちいましたね…。

土方圭章さんの名前はこういう風につけられたんですね~。
とすると、圭章の圭は土方圭助の圭かなぁ…?(違うのかな…。)

とりあえず、次回のカールスラント編も気になるので、気長にまってまーす。
すんません。まだ、小説が手元に無いため、あまり把握ができてません…。
早く、買いに行かなければ…。

ということで、失礼します。頑張ってください!!

コメントありがとうございます!

はい、そうですw
何となく描いてみましたw

ですです。
お爺さんは土方圭助さんになります。
なので、まあ、そういうことですw

ありがとうございますw
そう言って頂けると嬉しいです。
んと、今は通販も出来るみたいなので、コチラを参考にしてみて下さい!

http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/10/72/040030107246.html

毎回、コメントどうもありがとうございます!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://monokakitsuratsura.blog.fc2.com/tb.php/50-c8b8e5d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

改定版 «  | BLOG TOP |  » わたしにできること12

プロフィール

おおぬき

Author:おおぬき
ストライクウィッチーズ大好きです。
エーリカは天使です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
お絵かき (0)
小話 (5)
日記 (38)
その他 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。