2012-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手紙〈II〉

 ハルトマンの質問を逃れる為に部屋を出たバルクホルンは、閉めた扉に寄りかかりながら深く息を吐いた。

――全く、……なんであいつはいきなりあんなことを言うんだ!
――ゆっくりと落ち着いて居ることが出来ないのか?

 そう思いつつ歩き出した時、もう一度、改めて同じ問いを繰り返した。

――どうして突然あんなことを言いだしたんだ?


Read More »

スポンサーサイト

手紙〈I〉

アドリア海に面した501JFW基地周辺は、今日も快晴だった。海から吹いてくる潮風が、乾いた空気と混じり合ってとても心地が好い。
 ロマーニャの天候は、曇天が多かったブリタニアに比べて空が高く、真っ青に澄んだ海は隊員達の心を穏やかにしてくれた。

 一封の封筒を持った宮藤芳佳は、万年筆で書かれた宛名をじぃっと見ながら、宿舎の廊下を歩いている。

――綺麗な字だなぁ……

 封筒に書かれた文字に見惚れつつ、目的の場所に到着するとドアをノックした。

Read More »

私にできること

都産貿でストライクウィッチーズのイベントがあるのを知ったのは、ラマキフラウの槌居さんの記事を読んでからでした。

何年ぶりだろう、都産貿。
午後から仕事だけど、11時入場だと、11時40分には浜松町発の電車に乗らないと間に合わないけど、ストライクウィッチーズを知って初めてのイベント……行くしかない!

おジャ魔女以来のイベントだぜー!

Read More »

思い出

ロマーニャ公国の東岸、アドリア海に面した501JFW基地の執務室で、ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ中佐は、三名の扶桑人の取材を受けていた。
 折しも扶桑皇国では戦艦大和が欧洲へ向けて出航する時期であり、欧洲戦線の特集が組まれることになっていた。そこで、ロマーニャ支局の局員がここ501JFW基地に来て、カールスラント撤退作戦に参加したミーナに時間を割いてもらうことになったのである。
 午前中の僅かな時間ではあったが、多忙を極める前線司令官への取材だったので、局員達は一時も無駄にしないよう、熱心に彼女の話を書き取っていった。

「ヴィルケ中佐、お忙しい中、お時間を割いて頂き感謝致します。早速記事を起こして、中佐の武勲を我が国の人々にも広く伝えたく存じます。では、我々は坂本少佐に挨拶をした後、帰途に就きます」
「いえ。お疲れさまでした。少しでもお役に立てれば幸いです」

Read More »

はじめのことば

今年、2012年はストライクウィッチーズの劇場版が放映されました。
そのお陰で、ケーブルテレビで一挙放送をやっていました。

正直、その後にやっている未来少年コナンが本命でした、ええ。
でも、気がついたらストライクウィッチーズに、ばっちりハマッてってしまいましたよ!

久しぶりです。
おジャ魔女以来です。
勿論、それまでにハルヒとかコードギアスとか超電磁砲とか化物語とかシュタゲとかちはやふるとかタイバニとかハトプリとかP4とか、面白い作品はありました。
特に超電磁砲は、正直、横綱クラスでした。

でも、ストライクウィッチーズを見終わって、これらの作品との違いは歴然でした。
関連書籍、関連商品を急いで買わねばならぬ、と思いました。
お絵かき掲示板も気がついたら、ストライクウィッチーズづくしです。
ネットで過去のまとめサイトの記事や関連記事、wikiを一所懸命集めました。
島田フミカネさんの最新絵を見たいがためにツイッターも入りました。

そして、ブログを借りました。

ハルトマンはマジ天使です。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

おおぬき

Author:おおぬき
ストライクウィッチーズ大好きです。
エーリカは天使です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
お絵かき (0)
小話 (5)
日記 (38)
その他 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。